「英語学習において、努力は決して無駄にならない」と実感した話

タイトルはいつも聞いているNHKラジオ「攻略!英語リスニング」講師の柴原先生が、番組の最後に言う言葉。

先日、海外の関連会社と初めてのビデオ会議をして、実感することができたのです。

といっても今回は会社同士の紹介のような内容だったので、まだ大丈夫だったのはあるかも。

なかなか言いたいことはスムーズに出てこないので、もっと頑張らねば!

ちなみに、TOEICは、新卒時500点台→(途中で英検準一級合格)一昨年780点→今年の3月受験で880点になったので、次はS&Wか英検一級か考え中。

日本史も好きなので、TOEIC840点を超えると免除になる、という通訳案内士も気になるけど、もう少し英語力のほうを上げたいと思ってます。

ここ数年の勉強法は、まずラジオの「攻略!英語リスニング」を聞く。本放送と再放送(土曜日除く)を聞くので、6回分。

あとJapan Times STを月2~3回読む。

毎週は読み切れないで溜まってしまうので(^^ゞこれは自分の処理スピードの問題ですが…。

どちらもゆるい感じでやっているけど、おかげでそれなりに文章力がついたようで、送ったメールに職場の帰国子女の人から良い評価をもらえたり、自分でもメールや文書を書くスピードが上がったと思う。

仕事でメールを書く量が増えたので慣れたのもあるかとは思います。

ただ、上の二つでは会話勉強が付かないので、今年初めから「カフェ英会話」という日本人同士で英語で話す会に通い始めました。

さらに、かなり役に立ったのが、3か月前に偶然見つけた「and gaba」。

渋谷の本屋の一角で、Gabaの先生のショートレッスンを手軽に受けられる優れもの。→2018年2月にサービス終了。悲しい…。and gaba.のおかげで、かなり話すことに抵抗がなくなったので感謝してます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です