「僕等の図書室2」たっきー先生の話

はじめに

滝口さん思い出その2。2012年秋の「僕等の図書室2」のブログをリライトしました。

その1は「どりじゃん」の話→https://ruri-happy50.com/archives/1176

当時この記事を書いた理由

「僕等の図書室2」略称「ぼくとしょ」。

出演者は全員「先生」みなさんとっても素敵でしたが、いろいろな意味で滝口=たっきー先生に持っていかれました。

主演の「智恵子抄では、静かな表現に妻への想いをこめ、感動を創りあげた たっきー先生ですが、それ以外の出演では、アワレンイエローを超えるフリーダムっぷりがなみなみなかった。

共演者からも「治外法権」と言われ笑 ツイッターでは「MVP」との声が高い、GTO=グレート・滝口・おかげさま(by龍先生)

ということで、 たっきー ・「何なの?」 先生 (これも龍先生発祥)素敵な治外法権の思い出を書いてみたいと思います。

「ピノキオ」の たっきー先生。

青い妖精役。

「ピノキ~オ~♪↑」「シーユーレイター~♪グッバァ~イ♪」と謎の発音で英語交じりの言葉を話す先生。

渋い声でピノキオの親友になる、バッタじゃなくてコオロギな先生。ピノキオに演技指導をする妖精からのむちゃ振り先生。

どれも楽しい!

ピノキオ(井澤くん)への演技指導&実際に演じてみる場面では、「おうちに帰りたい!」一言にシチュエーションを作る作る(笑)。

手を縛られて尻もちついて後ずさってみたり、地下室に閉じ込められ、水を飲もうとしたらボトルが空。(水がないのは「砂漠バージョン」もあったかも)。

はたまた外国人らしき仲間に裏切られたり、家族の名前(たぶん妻と子供二人)を呼んでみたり(これが千秋楽)。

最後は全身で「帰りたいいいいい~~!!」と叫んで、ピノキオにあごをしゃくって『やれ!!』って合図してました笑。

『やるんですね…』とよろよろ立ち上がるピノキオもがんばってました!

カテコのたっきー先生

ぼくとしょ1に続き、今回も日野先生にむちゃぶりをしてました。下手の前の列のお客さんが日野先生への曲のリクエストを聞かれたり、私物を渡されるプレゼントコーナーに巻き込まれていて、羨ましかった。

曲のリクエスト、自分に訊いてくれたら「にんげんていいな」って言うのにと思いながら見ていました。

それから、1でもやっていた最後に村井先生を呼びとめて会話するシーン。

大阪では上手側でやったけど、今回のパルコ劇場では毎回下手側でした。

27日ソワレ:見に来ていた「 さと兄 (佐藤さん)」の私服の話だった?うろ覚え。あとで楽屋でフルボッコ…みたいなことを言ってたような。

28日ソワレ: かっちがエレベーターに乗り合わせて「可愛い」と言っていたのが、赤ちゃんではなく、お父さんのほうだったという話

29日ソワレ:「プレゼントターイム!」と言って、ゆーき先生のフリスクケースと、村井先生のコンタクトと、かっち先生のケータイをポケットから出す。

かっち先生が顔を赤くしてひったくっていた。

30日マチネ:楽屋で流行ってるという「面白くない話」。全員一つずつ。あれ、他の4人て普通に引き返してきたかな…。

村井先生がスタートで、お兄さんが小学校の時ランドセルを置いてうちに帰ってきた話。

それから誰かが話し、かっち先生が「今日は台風です」って言って村井先生から「それ、ただの情報ですね」と言われる。

また誰か話した後に、まぁくん先生が何かお兄さんの話をして「おれ、兄さんいなかった」と言ってたと思う。

30日ソワレ:村井先生にスルーされてしまい、たっきー先生が持っていた先生方のケータイをお客さんに渡そうとする(2台くらいは無理やり渡してた)。

大阪の大千秋楽では、龍先生はこの動きを察知して自分の携帯をキープしてた、と聞きましたが、本当でしょうか笑。

質問コーナーのたっきー先生

前楽の時だったと思いますが、一回目の演目の前に、いきなり場内に質問を募集しました。時間が余ったのだろうか。

1個目の質問は『それを質問されてもたっきー先生も困るのでは…』というものでしたが、2個目は「先生の好きな本はなんですか?」で、良い質問でした!

「地図」という答えに、聞いていて『読むものでは無いよ』と、つい笑ってしまったけど、いま思うと深い。

3個目の「先生は顕現するんですか?」という「戦国男士」関係の質問には「さて~…」とか言ってたかな。

この時か土曜日のソワレかに、前列にとても可愛い男の子がいました。

朝会、終わりの会、休み時間の時は、特にたっきー 先生のお話にとても楽しそうにけらけらと笑って、たっきー先生もその子とかなり交流していました。

しかもそのお子さん、お芝居の間はとっても静かで素晴らしかった。

千秋楽のたっきー先生

千秋楽はなんとたっきー先生が前説に!

台風が来ていて、遅れてくるお客さんがいたからでしょうか。

開演10分前にロビーにいたら、係員さんが「もう出演者が舞台に立っています。お早めにお席におつき下さい!」と言いながら通って行き。

驚いて入場すると、 たっきー先生が一人で舞台に立っていました。始まってから数分経っていたようです。

たっきー先生が、自分の高校生の時の先生のあだ名の話をしてから「先生たちにあだ名をつけましょう」と、挙手した観客を選んであてる。

かっち先生=「牧場」先生 お花?から、花畑⇒じゃあ牧場にしよう!

大山先生=あんこ先生⇒観客からのがそのまま採用されてた あんこ好きだからなのでしょうかね。

龍先生=ひよこちゃん⇒観客から、ブログに良くひよこマークを使ってるから。複数出た中から採用

ゆーき先生=アムロちゃん⇒別のあだ名から2つくらい変化して、なぜかそのあだ名に。何から変化したか忘れた

村井先生=大御所。 最初出た時は、本当に大御所俳優さんの出る現場でそんな呼ばれ方になったらまずいでしょ!と却下されたけど、他のあだ名の中からやっぱり採用

たっきー 先生=いくつか候補が出て、「ポンコツ」と言った人に「それ検索して出てきたら、家族が悲しむから」と言って、その後に「すげーよ先生」が出て採用になりました。

しかし、その後先生方が朝会で出てきた時に、 たっきー先生のリクエストでそれぞれのあだ名を呼んでみたけど、先生方全員苦笑…でしたね。

まとまりませんがとりあえず以上。シーユーレイタ~♪

ランキングに参加しています。クリックが励みになります。(クリックするとにほんブログ村のサイトに移動します)

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください