「る・ぽえ」と「ウェアハウス」感想

新国立 小劇場でセンターステージ。

演劇観た!と思える濃い内容。

全員演技凄かった中で、特に印象に残ったのは

・朔太郎役 嶺くんの可愛げと手品(髭でも可愛い)

・小林秀夫役ほか、要所で場を締める啓さん

・孤独が体の中で吹きすさんでいるような、碓井くんの中也

・猫ひたMCは仮の姿か…と思った類家役コバカツさん(ほんと怖かった…心臓ばくばくした)

でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください