舞台「黒薔薇アリス」5/14昼

あまりにもひどかったのとご招待だったので、ブログには書かないつもりだったけど。素晴らしい批評ブログ2個読んだので、正直な感想を書いてみました

→当時上記のブログのリンクを張っていましたが、2019/9/10現在どちらも記事が消されています。

アンサンブルさんは頑張ってたし、ビジュアル、特にアリスはとても綺麗だったぐらいしかほめるところがない。2時間半つらかった。これが2時間でまとまってたらここまで残念な気持ちにはならない…かもしれない。

主人公二人が結ばれるラストなのに、キャラが全員クズなのでまったく幸せな気持ちにならなくて、同じ会場で4月に観たスタミュのキラキラした幸せな空間が恋しかったです。

それから別作品で秋元くんが「アリス」って連発していた「ハートの国のアリス」もむちゃむちゃ楽しかったなー、それに比べてこれな…って考えてしまいました。

ゲストは共演者所属のグループ「番長ボーイズ」(イケメン劇団、という理解で良いのか)から二人が来てたのですが、何のキャラ設定もないカフェの客でサザンとか歌ってた。二人ともMXのバラエティ番組で見たことしかなかったので、歌がうまいことはこのゲスト出演で知ったけど、これはいつか役に立つ知識なのだろうか(笑)

せめてアリスは1回ぐらい着替えてほしかった。「服をたくさん用意した」というようなセリフがあったのにずーっと同じ服だから、たいして時間経ってないのかな、と思ってたら2年ぐらい経ってたっぽい。

あとこういうチケット売れてない舞台にありがちなマナー違反の客(?)がいた。開演時には同じ列には自分たちしかいなかったのが、始まって10分ぐらいに一つ置いた席に座って来た人がカテコから携帯取り出してLINEを始め…まあこういう人はカテコ見ないで帰るだろう、と思ったらそのままいてびっくりした。いい加減注意しようと思ったところで携帯を光らせながら退場していきましたが、ありえない…。

ということで最初から最後まで苦痛な舞台でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です