劇団鹿殺し 「俺の骨をあげる 」8/18ソワレ+アフタートーク

「ストロングスタイル歌劇」と副題にある公演を見てきました。19日が千秋楽なのでネタバレなしで。

公演概要

【大阪公演】2018年8月10日(金)〜12日(日)
ビジネスパーク円形ホール
【東京公演】2018年8月15日(水)〜19日(日)
サンシャイン劇場

作:丸尾丸一郎 演出:菜月チョビ

菜月チョビさん演じる「辛島タエ」という女性の生き様と、彼女の人生に登場する人たちの物語。

行った理由

鹿殺しさんを見たことなかったのと、タエの夫役の相葉裕樹さん(ばっち)登壇のアフタートーク「リアルHeads up」があるというので、見たくて行きました。

感想

どろどろした「女の一生」的な話を予想してたけど、からっとした笑いが多い舞台でした。

プロレスが重要なモチーフで、試合シーンも何回かあるので、会場はサンシャインではなくプロレスにも使用される「新宿face」で囲み舞台でやったら面白かったのでは、と思いました。

座長で主演の菜月さんの歌多数なのと、劇団のユーモア感覚の二つに乗れるかどうかが、評価の分かれ目なのではと思いました。

わたしは100%ネガティブではないけど、ちょっと乗り切れなかったですね。特にラスト10分が長く感じてしまった。

でも劇中歌の「無くならへん」の「無くならへんで 決して無くならへん 歌 心 涙 兄弟」「無くならへんで 決して無くならへん 夢 翼 過ち 親」という歌詞には、ちょっとぐっときました。

(リーフレットから転載。販売パンフ以外に、セトリや歌詞やキャストが載ったものを配布していただけてありがたい)

ばっちのダンスはいっぱい見られるし、出番が多いので彼のファンの方は楽しいと思います。

小ネタ

タエが卓球部員のシーンが、怒られないか心配なくらいテニミュでした笑。

部員たちのいでたち(部長はメガネ+キャップかぶった人+バンダナの人+オールバックの人)とか…

「おまえは〇〇の柱になれ」とか部員たちの歌とか…

部長は「毛塚」でオールバックの「大岩」さんとか、ライバル校の選手の名前が「雪村」とかやめてwと思いました笑

勝吾くんがゲストだから雪村、っていう薄ミュネタじゃないよね。

で、「データマン」ばっちが中心でむちゃむちゃ踊るので、あそこだけもう一回見たい笑

アフタートークの話

終演後、丸尾さん、オレノグラフィティさん、ばっちに、ゲストの鈴木勝吾くん(以下「勝吾くん」)の4人で15分ほどのアフトクがありました。

お題は「リアルHEADS UP! バックステージ ドタバタ講義」

丸尾&オレノは勝吾くんとはじめまして。オレノさん、ばっち、純矢くんがミュージカル「HEADS UP!」で共演している。

ばっちと勝吾くんはシンケンジャーで共演、と言ったらびっくりする丸尾さん。「『とのー!』とか言ってたの!?」→勝吾「僕はあんまり言わないほうで」ば「僕は言ってました」という会話が。

丸尾さんが「殿ー!」を気に入ったらしく何回か叫んでいました。

お題の「HEADS UP!」はバックステージ物のミュージカルなので、それぞれの実際のハプニングを披露。

ばっち:芸人さんたちと共演の舞台でアドリブを連発された。

話を回す側として頑張ってたら、どこまで進行したかわからなくなり、同じことを2回言ってしまった。3分ぐらい戻してしまった。

勝吾 :シンケンのショー@Gロッソで小道具の携帯を変身に使うが、アクションの時に落としてしまって、前のほうに落ちてる(自分は持ってない)状態で変身してしまった。

でもみんな(ヒーローショーキャスト)は、一度はやってると思う。

ここで唐突に「マイクの持ち方かっこいいね」と勝吾くんを誉めるばっち。

丸尾: タイニイアリスで雨の演出で本当に水を使ったら、 床のリノリウムがすごく滑った。

ラストシーンで滑った誰かに身体を踏まれて、ケガをしたと思って病院に行ったら健康だった

オレノ:共演の先輩が、蜘蛛の役で網タイツに前張りという衣装のタイツを破ってしまって、前張りのみで出た

客席が「良かったと思うエピソード」に拍手して、一番多かった勝吾くんが優勝でした。商品は特になし。

シンケンの話で、変身方法を勝吾くんが丸尾さんに説明したけど「パカパカの携帯電話が筆になって、それで字を書くと…」丸「??」って感じでした。見ないとわからないですよね笑←そういう自分も特撮よく知らないのでわかってないw

シンケンと言えば…というエピソードで、丸尾さんの同級生の息子さん(小6か中一)がシンケンの大ファンだったというので、楽屋でばっちに会わせた。

けど、息子さん本人は「覚えてない」と言っていた。確認したら2009年から2010年の放送だったので、2歳の頃だと覚えてないだろうなと思いました笑

最後に、勝吾くんが次回出演作「レディアウトロー」と今日解禁情報(?)の朗読劇「シスター」の宣伝。

ばっちもこれからのお仕事の話。タイタニックとオンユアフィートとレミゼのお知らせをして、「合間に鹿さんに出られてうれしい」と言ってました。

ひげだから(?)勝吾くんを悪目(ヒップホップシンガー??)にしたい丸尾さん

「池袋駅までのやつらは、だいたい友達」的なことを言っていました笑

ということで、「俺の骨をあげる 」8/18ソワレの話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です