ミュージカル ロジャース/ハート 9/15 (大千秋楽)

1時間40分休憩なし、1900年代前半の作曲家リチャード・ロジャース(林さん)と作詞家ロレンツ・ハート(矢田さん)のコンビ結成から、ハートがなくなるまでを彼らのヒット曲で送る物語。

ラジオ番組のシーンで、「QUIET](静かに)と「HAND CLAP」(拍手)をフリップで観客に示してくれるの、わかりやすくて良かったし盛り上がりました!

キャスト別感想をば。

寺西拓人(ジャニーズJr.):同じ玉野作品の「クロスハート」で見てるはずだけど覚えてないなー。

ダンスが洒脱で動きが綺麗。ウェイターさん役では、アドリブで盆を使って某アキラさんみたいなことをやっててウケまくってました^^

この人、デルフィニア(今度林さんが主役やる舞台)の、レティーできそう…ヴァンツアーでもメイクでいけるんじゃないだろうか。

樹里咲穂:「グランドホテル」の薄幸なマネージャーさん役が印象強いのですが、今回の女優さん役も良かったなー。本役の歌とダンスも良かったけど、ハリウッド女優ミッシェルちゃんもおバカちゃんだけど可愛い風で。

でもカテコの挨拶では、矢田ちゃんがタップできなくて「イーってなってた」というのにツッコみ入れたり「こんな話でいいのか」的なことを言ったら「ええねん!」って言ったり関西の素敵なお姉さんでした。

玉野和紀:玉野さんがシルクハットだとGEM2のグレイテストショーマンしか思い出せないww 今回も素敵な作品をありがとうございました!!

実咲凜音:初めて拝見しましたが、1920年代風のモダンガール衣装や白のラメラメ衣装がとってもお似合い。ダンスも歌も可憐でした。

林翔太(ジャニーズJr.):歌うまっ!! ダンスも芯が一本通っててこれはデキる人だ…!スーツにオールバックが似合って品が良いので、シェラよりサンセベリアのオルテス新国王とかのほうが合いそうだけど、どうでしょうねえ。

矢田悠祐:予習なしで見たので、これ、W主演だったんですね!?ってなった、すみません。ソロで歌う名曲「Bluemoon」泣きそうになりました。ダンスもホント頑張ってたー!!

【データ】

Music by Richard Rodgers
Lyrics by Lorenz Hart
上演台本・訳詞・演出・振付 玉野和紀
出演 林翔太(ジャニーズJr.) 矢田悠祐 ・ 実咲凜音
寺西拓人(ジャニーズJr.) / 樹里咲穂 ・ 玉野和紀
ピアノ・キーボード:宮崎誠

公演公式サイト

映画「ワーズアンドミュージック」おそらくこの映画が基になっているかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です