ミュージカル イヴ・サンローラン 2/24

サンローラン=海宝さん、ピエール・ベルジェ=大山さん回を見た。ベルジェむちゃむちゃ出番多くて、主役に近くて良い役。

二幕で休憩20分、合計2時間半弱。

自分にフランスの20世紀の知識が不足しているのと、登場人物の心情がほとんど表現されないので、寝るほど退屈ではなかったけど、なんだかよくわからないまま終わってしまった。

一幕2時間でまとめてほしかった、特に二幕のウォーホールとのシーンと浮気?のくだりをもっと短くしてほしい。

衣装と生演奏は華やかで、ディオール役の川原くんは歌もダンスも安定していて良かった。LULUほかの役の皆本さんも「冒険者たち」ほか何度かミュージカルで見ているけど、今回も可愛くて歌もうまかった。

ただ彼女が最後に着る衣装の胴体部分がいまいちださい。羽背負ったヅカレビューっていうかムーランルージュみたいな衣装だけど、サンローランのデザインならもっと良いのあるだろー、と。バレエの衣装らしい、とネットで見かけたけど本当だろうか。

バレエと言えば、ベルジェさんはヌレエフを追い出して、オペラ座総裁の座に就いたという台詞があり、『ヌレエフってそんな最近まで生きてたのか…』とびっくりしました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です