読書 「会計が動かす世界の歴史」

著者の方とお話しする機会があり、興味のある分野なので 読んでみました。

著者の「ルートポート」さんはラノベの原作等もされているようで、 テンポが良く、文章がするする入ってくるのはさすがです。

冒頭から シャーロック・ホームズ作品の貨幣価値で始まるので、非常にとっつきやすい。当事者の立場の違いが視点の違いになるなと考えさせられることも多かったです。

会計が~となっていますが、簿記や経理の知識は無くても読めます。

ただし、歴史的に正しいのかな?と思う箇所はいくつかあるのと、参考文献も面白そうなものがたくさんあったので、自分でいろいろな本を読んでみることが大事だと思いました。

https://www.kadokawa.co.jp/product/321808000402/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です