昨年年賀状をやめた話

年賀状を出すのがおっくうになって数年、50通ぐらい出していたものを昨年ほとんどやめました。あわただしい年末に「この人には出す?出さない?出す時はなんて書けばいい?」と悩む宛先が多かったのがストレスで。

○やめた理由

・儀礼的に年賀状のみのやり取りになっている人が増えてきた。特に毎回「今年は会いましょう」と書いてあったので連絡を取ったら、「別に」的な返信だった人が複数。まあ社交辞令ってことですよね。

・印刷のみの年賀状を送ってくる人

・もう再開する気のない習い事の師匠(すごく良くしていただいたのですが、そこで習い事はもうやらない)…等々

 

とはいえ完全に出さないのではなく、年賀状でしか連絡が取れない人や先輩などには引き続き出す予定です。

やり方は、昨年の年賀状で「来年から年賀状を出さなくするので、できればメールもしくはFacebookでお付き合いを続けさせてください」とアドレスを記載して出しました。3人ぐらいから連絡をもらいました。

もしかしたら、年賀状は受け取っておいて寒中見舞いで「来年はご挨拶を失礼させていただきます」と書いたほうが良かったのかなとも思いましたが、送ってしまったものは仕方ないとあきらめました。ということで今年は10通少々。むっちゃ気が楽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です