2018年前半舞台 マイベスト5

2018年上半期に見た19本から、良かった5本を選びました!

1位 『ハダカ座Vol.1  ストリップ学園』

タイトルからイロモノかなー、と見るのを躊躇ったけど、公演が始まってから評判の良さに惹かれて観に行き、まんまとハマりました。

スポ根漫画のスポーツをストリップに置き換え、ダンサーの頂点を目指す女学生たちの物語。

笑いあり涙あり。女子役の男子たちだけでなく、彼女たちを応援する大人役の俳優さんたちも良かった。

公演終了後にすぐさま始まる、お見送り兼おチップが渡せる時間でコミュニケーションできるのも非常に楽しかったです!

2位 『「パタリロ!☆スターダスト計画☆」』

初演はチケットを取りそびれて、映像で見たら非常に面白かった! 今回ははりきって確保しました!

キャスト全員素晴らしかった。諒くんのパタリロ殿下、まさに殿下…!久々に観たけどまたダンスがうまくなってた。

佐奈くんのマライヒ最高…!!小林くん初見だったけどビョルンすごい合ってたし、殺陣がかっこよかった!

みつやくんのロビー少尉と、マライヒ&ビョルンの3人のシーンは舞台が光り輝いてました。

1、2位とも顕作さんワールドですねw

3位 『「GEM CLUB Ⅱ」』

演出玉野さんの選ぶキャストは間違いない!全員良い中で、特にたわちゃん礼生くんのダンスはずっと見ていたい。次回アルターボーイズ上演の際には、この2人でマシューとマークをやってほしい(祈り)!

そのほかでは、クールな壮さん、古田くんのメイド、東山さんの「雨やどり」の透き通った歌声、三森さんとがきさん&原田さんのアップタウン・ガールなどが印象深いです。

4位 『舞台「文豪ストレイドッグス」ライブビューイング』

ライビュで見ても十分楽しかった! たわちゃん太宰と植ちゃん中也、しょーへーくんの芥川のからみが好き。

他のキャストさんもすごくバランス良かったー。鳥ちゃんと桑野くんは安心。長江くんは若いのにできる子。女子キャストもみんなぴったりで可愛くて美しい。

次回の舞台も見ようと思っていたけど、見たいキャラが全然出ない番外編だったので残念。アニメの劇場版を舞台化してほしかったな~。

5位 『モーツァルト!』

初・M!でした。ミュージカルの曲のコンサートでは、かなりの頻度でこの作品の歌が登場すると思われる、名曲揃いの作品。

「僕こそ音楽」「星から降る金」「ダンスはやめられない」「影を逃れて」「何故愛せないの」などなど。。。

こういうシーンで歌われるのね!と興味深かったけど、作品の感想としては「全員、人間関係づくりが下手というか、かかわり方が中途半端すぎる。もっとがっつりかかわるか、さらっと流しておけばいいじゃん…」と思ってしまいました。

ヴォルフとコンスは、古川ゆん様と木下さん。二人とも綺麗で歌に透明感があって良かった。

そのほか

「ミュージカル 黒執事 豪華客船編」今年最初の観劇でした。楽しかったー!リジーと坊ちゃんむちゃむちゃ可愛い。セバスの人外としか思えない妖艶さとスタイルの良さとダンスの美しさ。

船のゾンビ撃退シーンは申し訳ないと思いながら苦笑してしまったけど、良いものを見た!と心から思える公演でした。

「ミュージカル刀剣乱舞 結びの響、始まりの音~」今までの刀ミュの中では人間組とストーリーのバランス良くて好き。初演から好きな人には不評なところもあったみたいですが。

「In This House」すれ違う二組のカップルのミュージカル。耳が幸せでした。制作さんがすごく丁寧な対応で、グッズがすごく考えられていて良心的。

同じ制作さんの次回の7月の「グーテンバーグ!」再演も楽しみ!

下半期スタートは「スタミュミュ」。こちらも楽しみ!

ということで、「2018年前半舞台 マイベスト5」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です